あなたの部屋がギャラリーになる!

有名アーティストの絵画やイラストなどの「原画」を
限りなくオリジナルに近く再現してお届けします。

原画廊(GENGARO)の「超高精彩複製画」とは?

原画廊がお届けする「超高精彩複製画」は、絵画やイラストなどの原画を限りなくオリジナルに近い色表現にて複製する技術です。大日本印刷が長年にわたり培ってきた絵画修整のノウハウと、出力機の持つ発色を最大限に活用して、複製画専用のカラーテーブルを独自に開発。専門スタッフによる色調管理とデジタルスタジオでの撮影画像処理技術を組み合わせ、原画と遜色ない発色を実現しました。

成田亨プロフィール
成田亨

成田亨(Tohl Narita)1929.9.3-2002.2.26

1929年9月3日、神戸市に生まれる。生後間もなく青森県へ移り、以後、青森県と兵庫県内の 転居を繰り返す。県立青森高等学校卒業後、武蔵野美術学校(現武蔵野美術大)入学。
1954年、武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)彫刻研究科在学中、「ゴジラ」の美術スタッフ にアルバイトとして参加。映画美術の世界へ。東宝、大映、松竹、東映などの映画美術、映画特 撮美術に携わり、特撮シーン等を数多く手がけた。
1960年、東映で特撮美術監督となる。
1962年、第26回新制作展で《八咫》が新作家賞を受賞した。
1965年、円谷特技プロダクションと契約し、『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』 『マイティジャック』等で、ウルトラマンをはじめとするキャラクターや怪獣、宇宙人、メカニッ ク、防衛隊のコスチュームや基地のセットのデザインなど、特技全般を手掛け、映像作品の世界 観を構築した。
1968年フリーの特撮美術監督となり、「突撃! ヒューマン!!」などの特撮や「樺太1945年夏 氷 雪の門」「新幹線大爆破」「この子を残して」「麻雀放浪記」など映画美術のほか、百貨店のディス プレイや博覧会、催事場のデザイン、舞台、テレビ、映画の特撮など、活躍の場を広げた。
1990年、京都府の大江山に「鬼のモニュマン」建立。
1994年、北上市鬼の館にレリーフ「鬼幻影」制作。
2002年2月26日、多発性脳梗塞のため永眠。享年72歳。
2003年「アート・ツアー・イン青森 成田亨が残したもの」展
2005年「成田亨の世界」展
2007年「怪獣と美術」展
2014年〜2015年「成田亨 美術/特撮/怪獣」展が開催された。

ヒューマン1号、2号
六つの目を持つ女王とバルタンの末裔
ダダ
ケムール人
カネゴン
カネゴン
カネゴン
ウルトラマン
ビラ星人
ヒューマン1号、2号
六つの目を持つ女王とバルタンの末裔
ダダ
ケムール人
カネゴン
カネゴン
カネゴン
ウルトラマン
ビラ星人

※掲載の写真はサンプルを簡易撮影したため実際の高精度印刷の商品とは色味が異なります

あのウルトラマンをはじめ、数々の宇宙怪人・怪獣のデザインを手掛けた「成田 亨」氏の原画が 「超高精彩複製画」として、あなたのお手元に届きます!

gengahanbai

監修:Eternal Universe